呑海俳句 2018/01

かりがねや高層街のショットバー

逝く秋や帆(セイル)に残る日のにほひ

ジャズメンの時雨るる午後や基地の街

わが艇(ふね)の吹かれて長き冬銀河

秋霖の底に灯のあるショットバー

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中