日別アーカイブ: 2018年1月2日

呑海俳句 2018/01

かりがねや高層街のショットバー

逝く秋や帆(セイル)に残る日のにほひ

ジャズメンの時雨るる午後や基地の街

わが艇(ふね)の吹かれて長き冬銀河

秋霖の底に灯のあるショットバー

広告