呑海俳句2017/11

マリーナの遥かに灯る水の秋

夕かなかな母の衣桁のしづもれり

さびしさは父なき後の処暑の椅子

かなかなや父の書斎にゐてひとり

潮速し慶良間(けらま)ブルーに秋の空

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中