自句自解(俳句春秋)2017夏

日輪の軋みの音や沖縄忌

沖縄の人に不条理を押し付け、国防から目をそらしている平成日本。沖縄忌  とは、多くの民間人も犠牲となった沖縄戦において沖縄の日本軍が壊滅した6月23日をいう。太田實海軍中将の最後の電文「沖縄県民斯ク戦ヘリ。県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」は悲痛である。上記の歴史的事実を想起したとき、心に日輪(太陽)の軋む音が聞こえた。(季語・沖縄忌)

羽蟻とぶ高角砲の錆び付けり

極東アジアの情勢が緊迫度を増している今日、ことここに至っても、高角砲は錆び付いたままである。その周りを、自己の金儲けだけを考えている無数の羽蟻が飛んでいる。(季語・羽蟻)

夾竹桃の白に風ある太宰の日

太宰治は、『人間失格』『斜陽』『走れメロス』などで知られる無頼派作家。昭和23年6月13日に玉川上水に入水自殺した。太宰忌は桜桃忌とも言うが、その日はよく雨になる。太宰のことを思っている私に夾竹桃の白い花が風に揺れていた。(季語・太宰忌)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中