鎌田俊句集『山羊の角』一句鑑賞

飽食の世に狼の生きられず    鎌田俊

 

この句の眼目は「狼」である。太った豚はあり得ても、肥えた狼など存在しない。アポリアとしての狼は、飢えていなければならない。換言すれば、狼の才能とは、飢えてなお生き続けることであろう。メタファーとしての狼…私は以下の人々を想起した。三島由紀夫、江藤淳、村上一郎、野村秋介。皆、現代ののっぺらとしたふやけた飽食の時代に絶望して自ら命を絶った人たちである。そしてなお、その言語、行為、思想において、死してなお生き続けている漢たちである。もとより、鎌田俊氏の描く狼とはまるで違っているとは思うが。 句集『山羊の角』の全三百二十句の中で狼が詠まれているのは、<おほかみを祀りて水の澄みにけり><狼を起こさぬやうに話しけり>と掲句の三句である。<おほかみ>の句は、三峯神社などの景であろう。問題は、<狼を起こさぬやうに話しけり>である。この狼とは、何のメタファーであろうか。狼とは、日本ではもう既に絶滅したという山犬であると、鎌田氏は「蛇の足」で解説している。私は失われた日本人のエートスだと、感じ入った。これまた氏の想定する狼とは異なるだろう。 読者それぞれがイメージする狼とは何であろうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中