トランペットの海ゆかば

トランペットの海ゆかば

五月二十七日(旧海軍記念日)、私は横須賀の記念艦三笠で行われた日本海海戦111周年記念式典に参列した。式典後、海上自衛隊横須賀音楽隊による演奏が行われ、トランペットによる即興の鎮魂の譜「同期の桜」「海ゆかば」が演奏された。その哀切な調べに目頭を払うオールドネービーたちを目撃した。遺族と思われる老婦人たちも同様であったし、私の心にも熱いものがこみ上げてきた。

思うに、帝国海軍という組織は、明治維新以降の近代日本が生んだ数知れない組織体の中で最もユニークなものの一つである。そうでなければ、それが滅んですでに71年も歳月が過ぎ去った今でも、何万何千という元ネービーが実在する組織に対するような愛着をもってお互いの結束を確認しあう機会をもち続けている現象を理解できないし、アメリカを始め世界の主要海軍国が熱意をもってその飛躍と転落の足跡を研究し続けている現象を理解できない。

組織が人を生かすのか、人によって組織が生かされるのか。帝国海軍の場合、創成期に傑出した人材に恵まれ、その幸運が組織を充実させた。すぐれた組織と人材のバランス。この機能を最大限に発揮したのが、日本海海戦の完全勝利であった。しかし帝国海軍が国運をかけてバルチック艦隊全滅という至難の使命達成をなしとげたこの時が、組織にとっても人にとっても頂点であったように思う。

軍艦のような生きた協同体にあっては、その戦闘能力を決定するカギは乗組員全員にどれほど渾然たる一体感があるかである。この一体感は艦長以下の幹部が日頃いかに部下の士気を掌握し信頼を得ているかにかかっている。

たとえば、一つの水雷戦隊に属する数隻の駆逐艦が同じ条件で敵機の来襲を受けた場合、一分以内に脆くも轟沈するフネから何時間も平気で雷爆撃を回避して生き残るフネまで、運命が分かれるのが常である。

その差はどこから来るのか。もちろん実戦に運不運はつきものだが、「撃チ方ハジメ」の艦内命令が出た瞬間、艦長の操艦指揮と一水兵の一挙手一投足の間に一呼吸ほどでも間隙のあるフネは、間違いなく撃沈される、と歴戦の駆逐艦乗りから聞かされたことがある。

帝国海軍はフレキシブル・ワイヤー(しなやかな綱)でなければならないとよく言われるが、その後、先の大戦末期帝国海軍は集団としての柔軟性をことごとく失っていった。神風特攻の編成責任者は練習機程度の飛行機に十分な燃料を乗せることもなく、毎日、多くの若い生命を南溟に捨て続けた。何がここまで組織を硬直化させたのか。

それを研究することは今後の日本を考える上で示唆に富むのではないか。記念艦三笠での「海ゆかば」を聞きながら、自分の属している国家、民族、社会、時代を己のこととして考えることの少なくなった昨今を思った次第である。(2016年6月)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中